FC(鋳物)ホルダーの一次加工はポケット加工面に大きな段差がありワークと機械の干渉確認が難しい為、有人での加工を主体にしておりました。
当社ではそれ専用のCADCAMを導入し、無人化を計画しております。